ZEH

ZEHとは? (ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)

 

 

 

省エネ基準はすでに導入されています。                               

                           

2020年には義務化されます。                                     

地球環境に優しい暮らしの実現に向けて、「住宅の省エネルギー化」が最重要課題のひとつになっています。

2020年に求められている省エネルギー基準よりも、さらに厳しいものが「ZEH基準」です。ZEHとは、高い

「断熱」性能をベースに、高効率機器やHEMSによる「省エネ」、太陽光発電などによる「創エネ」を組み合 

わせることで、住まいの年間一次エネルギー消費量が正味おおむねゼロになる住まい。          

普及促進を目的としたZEH支援事業による補助金も用意されています※。                

   また、狭小地など太陽光発電パネルを搭載しにくいといったケースにも配慮した「Nearly ZEH(ニアリーゼッチ)」

基準が新たに設けられており、今後ますます住宅の省エネルギー化が進むことが期待されています。     

 

    

 

※補助金事業は予算額・期間が定められています。

名称未設定-4.jpg

創エネ.jpg省エネ.jpg断熱.jpg 

 

 

 

 

 

ZEHへの普及取組

 

 

株式会社オーガニックスタジオ佐渡 沖縄営業所ではこの事業の趣旨ならびに、「ZEHロードマップ」の意義

 

に基づき、自社が受注する住宅のうちZEH(Nearly ZEH(ニアリーゼッチ))含むが占める割合を2020年ま

 

でに50%以上とする事業目標を掲げ、これの実現に努めます。                     

 

            

 

ZEH周知・普及策

 

 

本社オーガニックスタジオ佐渡では、これまで高気密・高断熱オール電化住宅をスタンダードモデルとし、省エ

 

ルギー住宅の取組を行って参りました。今後は、弊社ホームページや各種媒体への掲載、完成見学会来場者向

 

けに説明資料などを作成し、ZEH住宅へのメリットを理解する機会を広げ、周知・普及に向けた取組に努めて参

 

ます。                                              

 

 

                                        

ZEHのコストダウンに向けた具体策

 

 

木造従来軸組工法をこれまで長い経験から培って参りました。建築資材の見直しとロスの削減に取組みます。

 

 これに加えてZEH使用を標準化し、生産向上と工期短縮を行い、さらなるコストダウンを目指します。    

 

 

 

 

その他の取組等

 

 

将来的にZEH完成見学会等、地域住民への周知活動を行い、省エネ・創エネへの理解を深め、常に新製品・新工

 

法等の情報収集を怠らず、高効率エネルギーを推進、提供できるようなプランニングに努めます。      

 

 

 

 

 

   株式会社オーガニックスタジオ佐渡 沖縄営業所

代表取締役 近藤 修治